アラフィフ世代女子独特の不快との戦い

実は私、ちょっと前から始めちゃいました。

何をって???

ホルモン補充療法(HRT)です。

まぁ、いわゆる更年期症状に対する治療法の一つです。

「更年期障害」って名前、良くないですよね。
なんか一気に老けた気がして。

そんな話したら、ものすごくおばさんに思われちゃう~って以前の私なら思ったかも。

じゃあ、なぜこんなお話するのか?っていうとですね。

・・・

・・・

HRTはじめたらソッコーhappyになれたから♡
もちろん、すべての人に適しているわけではないだろうし、もちろんリスクもあること。

でもね。でもね。
こんな簡単な事で人生変わっちゃったぐらいの気持ちになれたので、何かつらいことがあるあなたも考えてみてもいいんじゃない?ってことで、とりあえず私の経験談をお話してみようかなと思います。

 

微妙な変化は1年前から。頭が回らないぞ???

私は、頭の中でいつもぐるぐる思考がまわっているタイプなのです。

まぁ、仕事柄、というのもあると思いますが、純粋に頭で考えるのが好きなんですよね。

クライアントさんのことについて、いつも頭の隅に合って、どこかで考え続けている感じです。

パソコンが動かないときに、耳を澄ますとカチカチカチ…って小さな音がするでしょ。
たぶんあんな感じ。

そんな私がですよ。

頭がぽーーーっとして、「あれ?頭が回らないぞ」ってなったのです。

これは仕事にならない。と焦りました。

それで思い出したんです。

4つ上の姉が前にそんなこと言ってたなぁ、と。

もしかしたらこれは「更年期障害」ってやつなのでは?と思い、仕事に差し支えるから、なんとかしなきゃって病院を探してみました。

ちなみにこの時に私が感じていた症状は、本当にこの「頭が回らない」ことだけでした。

見つけたのがちょっと遠いけどメジャーな個人病院。でも…

ググって探すわけですが、簡単に行けそうな病院の中にいいところがない…

そんなことはないのかも。ですが、「やっぱり男性医師に私の気持ちはわからないんじゃないか?」って思ってしまうので、女医さんのところで…

そして、「産科」があるところは割と混んでいるだろうし、「不妊治療」を一番にしている病院も多くて。

なかなか私たち世代の行きやすい婦人科ってないものなんですよねぇ…

で、「更年期障害」でいろいろと検索していて、得意な病院リストみたいなところを見たりとしていたのですが、とあるその道でわりとメジャーな病院を見つけました。

ちょっと遠かったのですが、早速そこに予約して行ってきました。

状況をお話して、血液検査。そして内診。

後日検査結果を聞きに行ったところ、「まだホルモンたりてるし、閉経していないから、まだその時期じゃない」とのこと。

「3か月間止まったらきてね」と言われたので、つまりはその時までこないでねってことなのね、そう思っていました。

 

寝ていると背中が熱い…やる気が出ない…そして、不安な気持が襲ってくる!!

そこから、言われた時が来るのを待っていたのですが、なかなかそのタイミングはやってこず(-_-;)

でもね。頭の回らなさがさらにひどくなっていたのと、寝ている間に起こるカチカチ山現象がなんともつらくて。

カチカチ山現象というのはですね。
背中がとても熱くなるのですよ。

だから朝方起きてしまうのです。

猫のために買ったのにまったく使ってもらえなかった、ひんやりマットが大活躍でした(笑)

それで睡眠不足になっていたのですが、俗にいう「ホットフラッシュ」ってものとはちょっと違うんですよね。

何だろこれ~と思いつつも、「3ヶ月の呪文」があるので、どうにもならず…

そんな私をもう一度病院に向かわせたのは、「やる気が出ない」のと「どうしようもなく襲ってくる不安」でした。

自営業なので、仕事をどう進めるか?はすべて自分の心持次第。

やる気が出ないとしんどいんです。ほんと。

そして、いろいろな不安が襲ってくるのでいつも被害者意識がスゴイし、ものすごいネガティブになります。

その状態があまりにもひどくて、ふと我に返ったのです。

「いや。これ絶対なんかおかしいやろ」って。

そこで、他の病院ないかなーと探したわけです。

そしたら、なんと割と近くに、私たち世代にうれしいコンセプトを掲げた新病院ができていたんですよっ。

ソッコー予約して行ってきました。

ウェルエイジングって素敵な響きの婦人科へ

その病院は「アンチエイジング」で抗うんじゃなくて、よりよく年を重ねましょう、的なコンセプトを掲げる(ちょっと違うかも(-_-;)、新しいタイプの婦人科さんでした。

なので、私の話も前向きに聞いてくださって、こちらから求めることもなく、「もしそういう状態なら前向きに治療していきましょう」というスタンス。

(「こういう結果だけど、ここからどうするのかはすべてあなた次第」って病院って苦手なんです。
とりあえずヒントだけでもくださいって思いませんか?)

もろもろ必要な検査をした結果、もう治療を始めてもいい感じ♪という事でした。

以前と違って副作用やリスクが少ない治療法があるのです。

それは、週に2回交換するだけのシール状のもの。

私は持病持ちだから、経口薬はもうおなかいっぱいだったので、うれしくて。

そのパッチを処方され、

・「頭が回らない」って症状は、良くなるかどうかはわからない

・カチカチ山は2週間ぐらいで良くなると思う

と言われたのですが…

ななんと。

パッチを貼ってすぐ効果を感じてしまったのです。

それは、頭の中がクリアになったってこと。

本当に2日後ぐらいには、頭の中のモヤが晴れて、仕事に対する意欲が戻り、がーーーって仕事ができるようになったのです(*^^*)

これまで何だったんだろう?って感じです。本当に。

 

HRTを始めてよくなったこと-私の経験談

おさらいすると、私が感じていた症状は

  • 頭が回らない
  • とてつもない不安感
  • やる気がてない
  • カチカチ山

の4点でした。

「更年期障害と言えば」的な代表的な症状はなかったんです。

パッチを貼り始めてあれ?これもそのせいだったか!?と驚いたのが、「胃痛」。

実はここ一年、いつも胃が痛くて痛くて。
何を食べても消化した感じがなかったのです。

でも、いまやごはんがおいしい♡
ちゃんとおなかがすく。この幸せ。

「更年期障害」って抵抗があって認めたくない気持ちがしちゃうこともあるかも、だけど。

ある意味、人だからこそやってくるものなのかなって思うのです。

ただの子孫を残すための生物から、「人」としてより良く生きられる時代への突入。

「人」であるからこそ与えられたこのチャンスを、ふつふつと過ごすなんて持ったいなぁと思うわけです。

もしかしたら、今あなたが悩んでるあれもこれも、ホルモンのいたずらかもしれない。

そんな可能性を考えてみると、新しい世界が開けるかもしれませんよ~と思った私の体験をシェアさせていただいちゃいました。

 

あなたの思い、ここで吐き出してみませんか?

誰にも言えない気持ちも
自分を知らない誰かになら話せるかもしれません。

のりのりと話してみる!

最新情報をチェックしよう!